せどり=ブラック企業

メルマガ登録フォーム

こんにちは。

とらがりです。

 

 

今回は間違った頑張りは身を滅ぼす話をしたいと思います。

 

やればやるだけ稼げるせどり

 

せどりってやればやるだけ稼げます(正しく行動していれば)

なので、どんどんせどりにのめり込んでいくわけです。

見込み利益2万円を毎日のノルマにして達成するまで家に帰らないとか

検索すればするほど利益商品に出会えるわけで

これは時間をかければ絶対に達成できちゃうんですね。

 

 

僕も昔こんな感じの事をやっていました。

仕事終わりに毎日ブックオフに行って22時頃まで仕入れ。

帰宅してからクリーニングと出品、梱包、発送。

2時間ほど寝てから本業に出勤・・・

 

 

以下繰り返し

 

 

別に苦には感じてなかったです。

だってやればやるだけ稼げるわけで

楽しかったです。

 

新品に移行してからも

毎日毎日仕入れをして(本当に毎日)

ワゴン、赤札、驚安札、Eマーク

 

毎日毎日こんなところを調べる間に月商がどんどん上がって行きました。

 

ただ・・・

 

 

睡眠時間2時間!

家の中は商品だらけ!

家族や自分普通の生活なんてほぼなかったです。

本業やってるかせどりやってるかのどちらか?

 

時間のかかるせどりスタイル

 

なんでこんなに時間がかかるのか?

 

一番大きかったのは仕入れでした。

新品に移行した事で納品の手間は圧倒的に減ったのですが

仕入れは相変わらず運だのみ。

 

”たまたま”見つける廃盤プレミア商品や

投げ売り商品で利益を積み重ねていくスタイルでした。

 

つまり毎日毎日0から仕入れていたわけです。

今日10万円の利益がとれても

明日は0かもしれないわけです。

 

 

0にならないためにはとにかく検索数を増やすしかない!

 

そんな思いで毎日毎日何時間も仕入れをしていました。

 

圧倒的に時間がかからないせどり

 

さすがにこんな生活は何年もできません。

なんとか仕入れを短い時間でやりたいと思った時に取り組んだのが

 

リピート販売です。

 

同じ商品を繰り返し繰り返し売って行くのです。

これならリサーチ時間は0だし

仕入れ時間が圧倒的に短くなります。

 

ただ、そんな美味しい商品は滅多にありません。

 

毎日何千と検索していたので

その中からいくつかのリピート商品はありましたが

とてもそれだけでは十分な利益にはなりません。

 

 

そこでリピート商品を自分で作り出すことにしました。

 

 

それがカタログ作成です。

 

カタログ作成の圧倒的なメリット

 

今更ですがカタログ作成のメリットは甚大です。

 

✅リピート商品を自分で作り出せる。←これが最高

 

✅慣れればいくらでも簡単に作れる。

 

✅アマゾンの集客力がすごいので大抵の物は売れてしまう。

 

カタログ作成前提のせどりはこんな感じです。

 

店舗に行って売れそうな商品をピックアップして

ライバルが増えないように注意したカタログを作る

↓        ↓

テスト販売する

↓        ↓

売れるスピードを確認する。

↓        ↓

売れる個数だけ仕入れておく。

足りなくなったら補充。カタログの改善作業

 

めっっちゃ楽チンです。

しかも時間は全然かからない。

 

 

こんな感じで僕はカタログ作成を軸にしたせどりに移行したのでした。

今日同じ3時間をせどりに使うなら

ワゴンの検索に3時間を使うのではなく

カタログ作成に2時間使ってみて下さい。

一時的に売り上げは下がりますが今日使った2時間がそのあと資産になります。

作ったカタログで毎日利益が上がっていきます。

 

今せどりに時間を取られすぎている方

ぜひカタログ作成からのリピート販売をおすすめします。

では今回はこの辺で。

質問がありましたらラインの方からお願いします。

 

ライン@の登録プレゼントとして実際に仕入れた商品リスト100(詳細解説付き)

をお渡ししています。

友だち追加

 

 

コメント