小さな個人が巨人に立ち向かう方法

メルマガ登録フォーム

こんにちは。

とらがりです。

 

今回の話題は「巨大セラーにどう立ち向かうか?」を考えてみます。

 

 

巨人に立ち向かうとどうなっちゃう?

 

 

あなたはせどりを始めたばかりです。

良さそうな商品を見つけてやっと出品しました。

 

 

そのライバルとなるのは

数千件の評価を持つ巨大セラーです。

 

彼らと競争して何が問題でしょうか?

それは価格競争に耐える体力が全然違う事です。

 

せどりの仕入れはある程度の運もありますが

ベテランのせどらーは店舗とつながっていたり

つながりがなくても安く仕入れる方法に詳しいわけです。

 

あなたが偶然見つけた商品の仕入れ価格ではとても勝負できない事がほとんどです。

仕入れた時には利益が取れる価格だったでしょうが

そんなライバルが参入してきた途端に一気に価格が下落します。

これはどうしようもありません。

あなたは絶対に勝てないのです!!

 

 

実はそれでも稼ぐ方法は2つあります。

 

 

それでも稼ぐ1つ目の方法

 

1つ目の方法は直接ライバルと争わない中古商品を扱う事です。

中古なら1点物なのでライバルと直接対決にはなりにくいです。

また、大手がやらないような事。つまり丁寧に商品写真を撮って一品ごとに商品説明を細かく書く。

そんな差別化ができるので新品ほどの価格競争にはなりません。

時間をかけられる人にとっては有効な戦略ですね。

 

それでも稼ぐ2つ目の方法

 

2つ目の方法は新品だけどライバルが発生しない商品を扱う方法です。

廃盤商品を偶然見つけた場合にこんな状況になります。

ものすごい人気商品なのに出品者が自分だけ。

 

好きな価格ですぐに売れます。

 

ただ、こんな偶然は滅多にないのでこの状況を自分で作り出します。

 

それがカタログを自分で作ってしまう方法です。

 

自分でカタログを作るのでライバルは絶対にいません。

もちろんそのうち現れますが最初はいないわけです。

カタログの作り方によってはずーーっと独占販売が可能です。

 

絶対に勝てない相手に価格競争を仕掛けるほどマヌケな事はありません。

ささっとカタログを作って自分だけで悠々と売る方が良いに決まってます。

 

 

知っていてもほとんどの人がやらない理由

 

 

カタログを作っても売れるかどうかわからない?

どんな商品のカタログを作って良いかわからない?

作るのが面倒。

作り方がわからない。

 

 

カタログ作成の話をするとだいたいこんな反応が返ってきます。

 

 

ちょっと厳しい話をすると

こんな事言ってる人は稼げるわけないです。

 

カタログ作成の方法なんてググれば出てきます。

面倒かどうかはやってみなければわかりませんが

最初は何も知らないので時間がかかるのは当たり前です。

 

どんな商品が売れるかわからない。

 

確かに最初は全然わからないでしょう。

だったら何個か作って売ってみれば良いだけです。

一度販売してみれば売れるにせよ売れないにせよ結果が返ってきます。

そこから改善していけますが、売って見ない限り絶対に何が売れるのかは不明です。

カタログ作成自体にお金はかかりません。

売れなかったら仕入れ代金を失いますが数百円の商品で作ればリスクはほぼ0です。

 

 

結論

 

 

とにかく始めてみる事。

そして修正しながら前に進む事。

 

 

これ以外に稼ぐ方法はありません。

 

 

低い利益率でも巨大な資金に物を言わせてどんどん仕入れていけるなら

せどりはイージーゲームです。

そうでないなら

 

中古をやるかカタログ作成をやるか?

 

小さな個人がせどりで稼ぐにはこれが一番簡単で現実的です。

 

カタログ作成で稼ぐ方法はこのブログの記事を全部読んでもらえると

ある程度はわかります。

それでもわからなければいつでもご質問下さい。

喜んで24時間以内にお答えします。

相乗りせどりと違ってカタログ作成はやる人が増えても僕には何も影響がないからです。

 

質問はラインの方からお願いします。

 

ライン@の登録プレゼントとして実際に仕入れた商品リスト100(詳細解説付き)

をお渡ししています。

友だち追加

 

 

 

 

 

コメント